Loxia35 vs X100F 35mm画角チェック at KITTE

share |  

しばらくα7をメインで使ってきたが、最近X100Fがやってきた。コンパクトで持ち出しやすく画質も良い、現在のお気に入りだ。 [レビュー記事参照]
最近はX100Fばかり持ち歩いている。今もってるα7でのレンズが、Loxia35mm,C sonnar 50mm, Batis 85mmと単焦点ばかりなのだが、X100Fが仲間入りしたここでLoxia35mmが画角かぶってるからいらないんじゃない?説が浮上。とはいえ以前はお気に入りレンズとして常用していて(過去記事参照)画角がかぶっても持っておきたい気持ちもある。
しかし実際X100Fが手軽すぎて、わざわざLoxiaを出すのかという疑問も。ということで手持ちの撮影データからそれぞれで撮った写真を比べてみた。

まずはKITTE。東京駅出てすぐにある日本郵便のビル。ショピングビルになっていてファッション、雑貨、レストランなどが入っている。TOPの写真はX100Fで撮影。格子状に柱で区切られていてお店一つ一つがボックスに入ってるかのように見えて面白い。天井のガラスも特徴的で写真のスポットとしても人気あるっぽい。

FUJIFILM X100F (23mm, f/8, 1/30 sec, ISO800)

↑まずはX100F。3Fに降りてエレベーターがある側から撮影。X100FのFujinon 23mm(35mm相当)の画角だとこのくらいの範囲。Classic Chromeモードで撮って出し。中央と周辺とコーナー部分に僅かに歪みを感じる。とはいえさすがFujinonレンズ、Xtrans-CmosⅢの解像感も相まってなかなかの描画。これが手軽にパシャっと撮って現像いらずのJpeg写真なんだから。X100Fが好きな理由だ。

SONY ILCE-7 (35mm, f/6.3, 1/50 sec, ISO400)

↑そのまま同じ位置でLoxia35とα7で撮影したもの。
こちらは、さすがZeiss Biogonは広角でも誇張感がなく綺麗に写るというが、たしかにまっすぐに描画されている、部屋に見える一つ一つの枠の大きさが揃っている。こういった直線が多いシーンではLoxiaはすばらしい描画をする。ちなみにこちらはRAW撮影で自分の好みに現像。

FUJIFILM X100F (23mm, f/8, 1/750 sec, ISO400)

↑X100F。
KITTEの屋上庭園からは東京駅が見渡せる。レンガ作りの東京駅はもちろん新幹線から山手線まで東京駅に入ってくる電車が次々と見れるので電車好きな子供などには最高のアトラクションだろう。ゴールデンウィーク中だったけど穴場なのか人もあまりいなくて、庭園の中ではのんびり弁当を食べてるグループなどもいた。

SONY ILCE-7 (35mm, f/6.3, 1/4000 sec, ISO1000)

↑α7+Loxia35 うっかりISO戻すのわすれて1000で撮影。

こういった情報が多い写真だと、歪みなどは気にならない。Loxiaのマニュアル操作でゆっくりとるというよりは、今だ!というシャッターチャンスに手早く撮影できるX100Fのほうが使いやすいと感じた。また細かい物体が多い場合はXtrans CmosⅢのローパスレスが聞いてくるのか解像感が高く感じる。

つづいてボケ。丸の内からちょっと歩いて銀座にあるベルギービールカフェ。
FUJIFILM X100F (23mm, f/2.8, 1/35 sec, ISO400)

↑X100F F2.8で撮影したα7+Loxia 35。背景のボケも、光が丸く柔らかく光っている。手前のボケからも自然でピンのあるZEISSロゴあたりはシャープで綺麗。X100Fは絞るとシャープだけど開放では柔らかい描画をする。

 

SONY ILCE-7 (35mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO400)

↑α7+Loxia 35mm 同じくF2.8。背景の光はくっきりとしてる印象。ボケの感じだけならX100Fのほうが好み。Loxiaは開放でもしっかり写る印象。ピンのあたりは素晴らしくシャープだし、やはり歪みがなく全体的に整っている。まるで、広く撮ってセンターのいいところだけどクロップしたみたいな感じ。

FUJIFILM X100F (23mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO1600)

↑こちらは再度X100F F2.8。少しアングルを変えたので背面ライトがよく見える。柔らかくてけっこう好みの描画。

ということで、結論。まだはっきりしないんだけど、Loxia35もしばらく持ってみよう。α7にベストマッチなレンズなのは間違いない。歪みのない35mmとしてかなり優秀なんじゃないだろうか。X100Fはコンデジとして手軽にスナップ用。α7+Loxia35はフルサイズ一眼として面白さを感じて使ってみようと思う。Loxiaはマニュアルレンズとしての楽しみもあるしね。

しかし、やはりX100Fっモノとしてかっこいい。

Lens: Carl Zeiss Carl Zeiss Loxia 2/35
Camera: Sony α7 ILCE-7
Camera: Fujifilm X100F
AdapterRing: FUJIFILM デジカメX100シリーズ用アダプターリング F AR-X100
Protector: MARUMI DHGスーパーレンズプロテクト 49mm チタンカラー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品》 Carl Zeiss(カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソ…
価格:125880円(税込、送料無料) (2017/4/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品》 SONY(ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2【下取交換なら¥…
価格:149580円(税込、送料無料) (2017/4/10時点)

share |  
honda

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です